利用前に知っておいたい仕組みや種類・注意点!?ファクタリングの基本情報を解説

ファクタリングは、2社間取引では業者との契約になりますが、3社間の場合は取引先でもある売掛先も含めた契約になることから売掛先に対してファクタリングを利用して売掛債権の譲渡を行う旨を伝えておく必要があります。ファクタリングの仕組みは、将来取引先から入金予定になっているお金を債権譲渡により先に受け取れるものです。2つの取引形態では、支払いが行う側が異なり2社間の場合はファクタリングを利用した人が入金後に業者に払う形になりますが、3社間の場合は取引先が直接業者に振り込む仕組みです。

資金調達方法の1つファクタリングは債権買取りを示すもの

ファクタリングの意味は債権買取で、資金調達方法の一つに数えられます。資金調達といったとき、金融機関からの融資やノンバンクや消費者金融などのビジネスローンをイメージする人も多いのではないでしょうか。いずれもお金を借りることになるので、返済が必要になりますが債権買取でもあるファクタリングは売掛金の権利を業者に売却して資金を確保するものになるため、返済が発生することはありません。売掛金は将来自社に入金される権利もしくは債権で取引先に対して代金の支払いを後から請求することを売掛と呼びます。 ファクタリングは、買取型や保証型の2つに分類されますが、買取型の場合は2社間と3社間の2種類があります。取引先を含めるか否かの違いになるもので、2社間ファクタリングは取引先が関与しないため、このようなサービスを利用していることを知られずに済みます。これに対して3社間の場合は取引先が関与することになりますが手数料が抑えられるなどのメリットがあります。

ファクタリングは一般的に2者間と3者間の2種類がある

ファクタリングは企業等が保有する売掛金を買い取ってもらうことによって現金を入手できる金融サービスで、借入れとは異なり担保や保証人などを用意しなくても利用できることから、主に中小企業などを中心に普及が進んでいます。 ファクタリングの具体的なサービス内容は事業者ごとに異なりますが、基本的には2者間タイプと3者間タイプの2種類があります。このうち前者は、利用者と事業者の2者だけで契約が完結するというもので、売掛先である取引相手に利用の事実を知られずに済むとというメリットがあります。現金化までのスピードが速いというのも、メリットの1つです。 一方、後者では売掛先を交えた3者の間で契約を取り交わします。売掛先の同意が必須となるため、2者間タイプに比べると手間がかかりますが、一般的にはその分だけ利用手数料が割安となります。また、利用後は事業者が売掛先から直接債権を回収するようになるため、貸し倒れのリスクをヘッジする手段としても使えます。

ファクタリングの注意点①:買取型の場合

ファクタリングは2社間取引と3社間取引の2種類の選択肢がある買取型と保証型の2つがありますが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握することが大切です。買取型の場合、取引先と交わす契約書に債権譲渡禁止の記載がないことを事前に確認しておかなければなりません。これは、売掛金の譲渡に関するもので債権譲渡を禁止する条項がある場合は当然ながら利用することはできません。また、ファクタリング会社への支払いは現金で一括送金になることも知っておく必要があります。2社間の場合は取引先から入金が行われた段階で業者に支払いを行うことになりますが、基本的に分割で行うことはできません。それと、支払い期日が過ぎていて回収ができない不良債権も利用不可です。 保証型は、倒産により売掛金の回収ができない、このような判断が下されたときに保証金が支払われるファクタリングサービスになるので、現金化を実現するまでには時間を要します。仮に、支払いまで時間が掛かると困るケースでは支払い遅延の発生により保証金を受け取れるサービスを検討されると良いでしょう。

ファクタリングの注意点②:保証金が受け取れる保証型の場合

ファクタリングは、買掛金を早期に現金化する手法として利用されることがあります。保証金が受け取れる保証型の場合、特に注意が必要です。保証金の受け取りには手数料が発生することがあります。これはファクタリング会社がリスクを負う代わりに受け取るものであり、負担を避けるためには事前に契約内容を明確にすることが重要です。受け取れる場合でも、追加の条件が付いていることがあります。例えば、売掛金の一部を前受金で受け取る場合、残りの金額は債権者が回収することが求められるかもしれません。これには十分な調査と信頼性のある取引先の選定が必要です。さらに信用リスクを負う可能性があります。債権者が破産した場合や支払い能力に問題がある場合、保証金の回収が困難になることもあります。このようなリスクを避けるためにも、信頼性の高い取引先との取引を選ぶことが重要です。このように、ファクタリングの保証金受け取り型には注意が必要です。手数料や追加条件、信用リスクなどを考慮し、十分な調査と慎重な判断を行うことが欠かせません。

2者間ファクタリングは即日現金化が可能

ファクタリングには買取型の他に保証型がありますが、保証型は売掛先が倒産して債権回収ができないと判断された場合に保証金の支払いが行われるものです。これに対して買取型は入金予定日よりも前の段階で現金化ができるなどの違いがあります。このスタイルのファクタリングは取引先が関与しない2社間と関与する3社間の2つの選択肢がありますが、2社間の場合は申し込みした当日中に現金を受け取れるメリットもあります。即日現金化の条件は、申し込みを行ってから審査にいち早く通過させることがコツになりますが、申し込みからの流れを把握しておけば即日現金化の可能性も高まりです。業者を比較してファクタリングの申し込み、審査に通過した場合は契約を交わして現金化といった流れになります。申し込みはオンラインもしくは店頭などになりますが、最近はオンラインで申し込みから入金まで完結しているところも多くなっています。取引先から入金が行われた段階で業者に一括支払いを行えば完了です。

2者間ファクタリングの申し込みからの流れ

2者間ファクタリングは、取引相手に対し請求書を売り渡すことで資金を調達する方法です。このような流れで行われています。最初に申し込みを検討する際には、自社の財務状況やファクタリング会社の利率や手数料などを比較検討することが重要です。その後にファクタリング会社との契約書に目を通し、利益率や追加契約可能かどうかを確認しましょう。申し込み手続きでは、自社の請求書を提出することが必要です。取引相手の情報や商品の詳細、金額などが明記されている必要があります。債権譲渡に関する条項を忘れずに追記しなければいけません。そして提出された請求書を基に、ファクタリング会社が審査を行います。この審査では、取引相手の信用力や請求書の妥当性などを確認します。審査結果によっては一部が差し引かれるかもしれません。審査が通れば、2者間で契約が締結されます。契約成立後は請求書の取引相手への譲渡が行われ、資金が入金されます。取引相手からの入金を受け取ることで、会社への返済と利益の確定が行われるという流れです。

3者間ファクタリングは送金の手間がかからない

買取型のファクタリングには2社間と取引先を交えた3社間の2つがありますが、2社間は当日に現金化できる可能性がありますが、3社間の場合はある程度の日数が必要です。ただ、業者に支払う手数料が低めになっていますのでより多くの現金を受け取りたい、取引先に知られても良い場合に有効です。業者と自社との間で契約を交わす場合は、相手企業に債権譲渡を行っていることが知られる心配はないので、今後も良好関係を築いておきたい場合に有利です。売掛金の入金が行われた段階で業者に送金を行うなどの手間がかります。3社の場合は、売掛先が業者に代金を支払う形になるためファクタリングを利用する側は送金の手間がかかりません。このように、それぞれにメリットとデメリットがあるため2社にと3社の選択は優先させたい項目により決まります。例えば入金が遅くなってもより多くの現金化を希望するのか、それともスピードを優先するのか、これにより決まって来ます。

ファクタリングのメリット①:売掛先が倒産した場合でも受領した資金の返還義務はない

ファクタリングのメリットは、入金予定よりも前に売掛金を現金化できることです。売掛先企業が倒産などにより支払い不能に陥った場合でも遡及されないことや融資ではないので信用情報に影響がない、赤字・税金および社会保険の滞納でも利用できる、このようなメリットもあります。2社間ファクタリングは業者と自社との間で取引が行われるので、申し込みを行ってから現金化までのスピードが速く最短即日で現金を受け取れるサービスを提供している業者も少なくありません。売却した売掛金の打掛先が倒産して回収ができなくなったときでも、業者は利用者に対して支払いを請求する権利でも償還請求権がないため受け取っている資金の変換義務がないわけです。なお、ファクタリングは審査で利用の可否が決まるといった特徴がありますが、融資の審査では赤字決済の会社には非協力的ですし、税金および社会保険の滞納を行っている場合も支払い能力がないと判断されてしまうケースは多いといえましょう。

ファクタリングのメリット②:信用情報に影響が及ばない

ビジネスローンを利用して資金調達を行うとき、審査の中で信用情報を確認して過去の融資で返済の遅延や延滞の有無など金融の中での事故情報の記録の有無を確認します。これは一般的なキャッシングやカードローンなどでも同じことがいえますが、お金を借りるときには信用が第一ですから不利な情報がないことが理想です。ファクタリングも資金調達の方法の一つになりますが、ファクタリングは将来入金される予定の売掛金を先取りできる調達法で、売掛債権の譲渡により現金を受け取る仕組みです。売掛金は、取引先から指定日になると振り込まれるもので、自社にとっては利益に繋がるものです。ただ、期日にならないと資金として利用することはできません。ファクタリングを利用することで数週間後に入金する現金を、債権譲渡により現金を手に入れるものですから、融資とは異なり信用情報に影響が及ぶことはないわけです。また、売掛金は後から受け取る純利益などの特徴もあります。

著者:越田慎一郎

筆者プロフィール

福岡県福津市生まれ。多くの人が知らないファクタリングに関する情報を発信しています。

→おすすめのウェブサイト
ファクタリング 福岡