ファクタリングは売掛金の早期資金化が最大のメリット

ファクタリングは売掛金の早期資金化が最大のメリット

売掛金を業者に売却して資金化することをファクタリングと呼び、資金調達法の一つに数えられます。一定の手数料を支払うことになりますが回収予定日よりも前に現金を受け取ることができるので、早期資金化ができるメリットを持ちます。ファクタリングは融資とは異なるので返済が不要なことや審査結果は最短30分で分かり、即日現金を受け取ることもできる業者も少なくありません。サービスを提供している業者の中には関東財務局長や関東経済産業局長が認定している、経営革新等支援機関になっているところもありますので、ファクタリングの利用が初めての場合でも安心です。 会社同士の契約の中で債権譲渡禁止特約が設けられていると利用することができない、このような理由から普及していませんでした。2017年に民法の改正が行われ2020年4月1日に施行されたことで債権譲渡禁止特約が付いている債権でも譲渡が可能になることや経済産業省も奨励しているなどから、現在では注目を集める資金調達法になりました。

経済産業省が推奨しているファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して現金化する資金調達方法です。ファクタリング会社は売掛債権の額から手数料を差し引いた金額を、事業主に先払いしてくれます。 銀行や金融機関から融資を受けるには、厳しい審査があります。審査にかかる日数は、通常3週間から1ヶ月程度です。審査を通過しても契約や手続きに時間がかかる場合があり、急ぎの資金調達には間に合いません。借り入れのため、返済義務が発生します。返済が滞ると信用情報に悪影響を及ぼし、今後の融資が受けにくくなる可能性があります。 経済産業省は、国内の経済の発展や安定化を目指す組織です。経済産業省は中小企業や個人事業主が、速やかに健全に資金調達ができるように、ファクタリングなどの売掛債権を利用した方法を推奨しています。2020年4月1日には民法の債権法が改正され、譲渡制限特約などの制限が撤廃されました。これにより、売掛債権の譲渡が容易になっています。

著者:越田慎一郎